FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://antiageingxbplus.blog13.fc2.com/tb.php/9-9ddbe5b9

トラックバック

コメント

[C3] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4] Re: タイトルなし

> 生物学的には人間の寿命は120歳らしいですよ。

よく、心臓の鼓動回数とかも言われますよね。
米国酵素研究の第一人者であるエドワード・ハウエル博士は一生の間に作れる酵素は量が決まっていて、それを使いきった時がその肉体の寿命と言っているようですね。
酵素はストレスや、煙草、お酒、など様々な刺激で焼失したり、酸化に負けたりしますから、ストレス耐性のある人、ゆったり健康的に生きている人の方が長生きということと、経口で酵素を摂り入れて活性酸素と戦う身体作りをした人は長生きになるんでしょうね。。
長生きしたいというより死ぬまで健康でいたいものですね(^-^)
  • 2010-02-01 20:42
  • ささびぷらす
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

命を管理される恐ろしさ

遺伝子組換え

これは何かはよくわからなくとも目にしたことはあると思う。

もともとは痩せた土地でも育ち、食糧難の国への対策の為、だったり、
害虫から農作物を守るために、
菜種(キャノーラ)、トウモロコシ、大豆、じゃが芋、甜菜への遺伝子操作を示していたことだった、と思う。

が、
この「食品」として活用されるへの操作・・・
これがある政治的思惑と合致していたと分かったら、どう思われるだろうか。。。

マイケル・ムーア監督の『シッコ』では、
アメリカの保険制度は保険事業企業とそこ企業から献金を受けている議員の手中にある、と暴露したが
農作物、種にまでそういったグレーな世界が蔓延しているという情報を目にした。


日本有機農業研究会科学部が日本語版を出した『食の未来』。
その中で暴かれているのはザッと以下の感じ。

米国企業モンサント(ベトナム戦争で使われた枯葉剤の製造メーカーでもある)が
ラウンドアップという全ての植物を枯らしてしまう強力な除草剤と、
遺伝子操作により、そのラウンドアップでも枯れない「ラウンドアップレディ」という作物を販売した。

そして倫理上、それまでは特許を許されていなかった「自然界の生命」に対して特許を取得した。

しかし、強力な除草剤にも枯れない植物ってのはチョット考えても恐い。

当然、その遺伝子組換え植物にたいして実験を行った大学などの研究室もあり
(スコットランド、アバディーン・ローウェット研究所のアーパッド・プシュタイ教授)
免疫機能の低下や成長の遅れなどを指摘したが、何故か、プシュタイ教授は停職処分にされたり、
コーネル大ではBTコーンを食べた芋虫の40%が死んだことなどをあげて
危険の勧告を行ったが
この企業は、国会の議員(時の副大統領ダン・クエイルも)や司法界の人間までも抱え込み、
自社の事業を阻止するどんな手からも守られ、利益を追求できるように
遺伝子組換えの作物を、アメリカに於いて強制的に市民権を得ることに成功したようだった。

アメリカでは小麦に遺伝子組換えすることに対して反対運動も起きているようだが
巨大な裏工作を出来るお金を持っている企業に果たして勝つことが出来るであろうか・・・


ざっとこの遺伝子組換え作物市民権工作に関わった可能性が高い関係者は
環境保護庁次官のリンダ・フィッシャー・・・
この人は7年間もモンサント副社長だった経緯があり
更に環境保護庁職員とモンサント社役職を5回も行き来している。
クラレンス・トーマスは最高裁判所判事ながら、モンサント顧問弁護士であった。
ミッキー・カウンターはモンサント理事でありながら商務長官、
リディア・ワトルドは環境保護庁に在籍していたがモンサントのテクノロジー研究員だったし
マイケル・フリードマンは米国食料薬品局副長官でモンサントの一部門であるGDサ-ル社の副社長、
まだまだいるのだ。。。。


良識の残っている国では拒否したり燃やしたりしているところもあるようだが
日本は貿易不均衡や、自給率の低さを逆手に取られて
他の食物輸入で意地悪をされる可能性も高い。

そんな国の政治の方針、方向を決めるのは、当然私たち日本国民だが
隣国人に参政権を与える与党の向きもあるようだし、
実際に日本企業がその恩恵を受けているとしたら・・・・・

日本国民の命も米国企業に管理されてしまう可能性は少なからずあるのではないでろうか。

そんな気持ちでいる時にグリーンピースの発行している「トゥルーフード・ガイド」を見つけた。
本記載の選択定義は
遺伝子組み換え原料を使っていない食品です
環境とわたしたちの健康をまもることにつながる食品です
持続可能な農業を応援する食品です

とのこと。
下のリンクで無料請求できるそうなのでご希望のかたは。。。。


『トゥルーフード・ガイド』お申し込み

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

 心・身・真アンチエイジング
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://antiageingxbplus.blog13.fc2.com/tb.php/9-9ddbe5b9

トラックバック

コメント

[C3] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C4] Re: タイトルなし

> 生物学的には人間の寿命は120歳らしいですよ。

よく、心臓の鼓動回数とかも言われますよね。
米国酵素研究の第一人者であるエドワード・ハウエル博士は一生の間に作れる酵素は量が決まっていて、それを使いきった時がその肉体の寿命と言っているようですね。
酵素はストレスや、煙草、お酒、など様々な刺激で焼失したり、酸化に負けたりしますから、ストレス耐性のある人、ゆったり健康的に生きている人の方が長生きということと、経口で酵素を摂り入れて活性酸素と戦う身体作りをした人は長生きになるんでしょうね。。
長生きしたいというより死ぬまで健康でいたいものですね(^-^)
  • 2010-02-01 20:42
  • ささびぷらす
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ささびぷらす

Author:ささびぷらす
「本当の健康と美」を考えるセレクトネットショップを運営しています。恒常性を保つように出来ている精密で優れた人体が老化や病気になるのは皮を剥いたじゃが芋やリンゴが変色するのと同じで酸化に負けてしまうことが大きな原因です。脳の若返りを促し心身共に若い状態を保てる方法、知恵を日々勉強、模索しています。
ショップ【美+】(美ぷらす)
東京都港区芝2-27-8-405
03-5765-6414
ご購入は shop@benet.ne.jp までお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。